密やかに伸びやかに

アニメ、PCゲーム、PC関連のニッチな備忘録

キラッとプリ☆チャン 第130話 「コインショッピング!マスコットお買い物対決ラビ!」 感想

キラッとプリ☆チャン 第130話 「コインショッピング!マスコットお買い物対決ラビ!」 感想

マスコット達の初めてのお買い物!

ご主人様との絆を深めるお買い物!ラビリィの思い入れのある一品が光る!

こういうお買い物一つとってみても個々の個性や特色が出るものです。キラッチュは皆で楽しめるパーティー用スイーツを用意するし、誰よりも仕えるご主人様を敬愛しリスペクトしているメルパンは、貯金出来ないとなればなりきりセットを買おうとするし、長らく質素な生活を強いられていたラビリィは、素朴だけど素敵な思い入れがあるタワシさんを買うわけです。マスコット皆いじらしくて可愛いな!

このように買い物にも各々の特徴が出ているわけですが、同時に物に対する価値観や思い入れも当然それぞれ異なるもの。他の人から見ればラビリィの買ったタワシは質素で素朴な一品で、配布されたコインも大量に余る安価なものであり、特別な価値を見いだせるものではないかもしれない。でも、当人にとっては辛かった時期に自分を支えてくれた何よりも価値ある一品なんだよね。

この物に付随する付加価値というか。思い入れもある思い出の一品を通じて自分のことをご主人様により知ってもらい、それを共有することでまりあやすずも含めて三人にとって特別な価値が生じ、三人の絆をより強固なものとする特別な品へと昇華される。イブの特別賞が仮になかったとしても、ご主人様との絆を深めるという題材で見た時に、最も価値あるものを選び出し、それを達成していたのは今回のラビリィとリングマリィだったのだろう。

出会いの経緯からして他のチームとは少し事情が違う。生まれてから暫くの間、それぞれ別の道を歩み違う時間を過ごしていたリングマリィとラビリィの絆を深め補完するという意味でも、今回のお話は価値あるものだったんじゃないかんと思います。たとえ辛く寂しいことがあっても拠り所となるものがあれば頑張れる。ラビリィにとっては擬似的な支えになっていタワシさん。

これからはリングマリィがラビリィの拠り所となり、同時にラビリィがマスコットとして二人の支えになっていけたらこれ以上の幸せはないだろう。さてさて、次回は再びマスコット認定試験!今回の買い物イベントもマスコットの計算能力を試していた点からして前段というか前振り的な意味もあったと思いますが、前後編構成の後編に当たる次回がどうなるか見ものですね!フードを被った謎のマスコットの参戦も気になるぞ…。

カガヤキ・コーポレーション社長として存在感を増す輝イブ

これまではどこか掴みどころがなくボケボケな一面も垣間見えていたイブですが、ここ最近は大企業の社長として仕事は出来るしやるときはやるところを見せてくれており、少しずつ印象も変わり始めてきているし、作中においても存在感を増してきていると感じます。まぁ出番が増えてるので当然といえば当然なんだけど。

同時にプリチャンとプリチャンアイドルに対する興味も日増しに強くなっているのも見て取れますし、いつその思いが爆発して自らも参戦する決意を固めるのか。その日が来るのが楽しみだし待ちきれません。イブのプリチャンに対する興味が増せば増すほどルルナの心労は加速しそうだけど。ルルナも今回はぐぬぬってならなかったし怒りもしなかったのでね。そういう意味でも今回は癒やし回だったと言えるかもしれない。やっぱソルルが関わらないところでは基本穏やかで優しいし面倒見もいいんだよねルルナ…。