密やかに伸びやかに

アニメ、PCゲーム、PC関連のニッチな備忘録

ミュークルドリーミー 第8話 「林間学校で大ゲンカ!?」 感想

ミュークルドリーミー 第8話 「林間学校で大ゲンカ!?」 感想

親しき仲にも礼儀あり。

気心が知れた間柄だから拗れてしまうこともある

良かれと思ってやったことが相手にとってお節介になってしまうこともある。かえでの勘違いから生じたわかばとの喧嘩模様だったけど、互いのことをよく知り気心の知れた相手だからこそ、時に相手の気持ちや立場を見誤って踏み込んで良いラインを超えてしまうこともあるんじゃないかと思います。林間学校という心沸き立つイベントで普段と異なる環境下にいたから起こった出来事とも言えるだろうか。

今やすっかり仲良しになったけど知り合ったばかりのゆめとまいらの仲の良さとはまた違う。幼なじみ同士のゆめと朝陽もそうなんだけど、小学生時代からずっと一緒にいるかえでとわかばだから成立する内容とでも言いますか。メインキャラだけでなく日常的に接する友達の交友関係や性格的な面を掘り下げることで、物語やキャラ同士の繋がりに更に味わい深さが幅広さが出てくるなと改めて感じる。

かえでとわかばだけでなく主役のゆめとまいらにしても、林間学校に行くにあたって意外と言ったら失礼かもしれないけど事前準備をキッチリやるゆめと、面倒くさがりで物ぐさなまいらのような意外な一面も垣間見えたりしていたし、分かっていたようでまだまだ知らない一面や、それ故に生じる認識の齟齬みたいなものが、林間学校イベントを通じて見え隠れしていたんじゃないかなと。

心のスキマを突かれたわかばの唐突なプロレスやパラグライダーの流れや、謎に転んで飛んでいった青井先生の長靴も、最後の新たなドリーミーメイト登場に繋げる流れも勢いとカオス度に満ち溢れていたし今回も見ていて非常に楽しく濃密な回でありました。雨降って地固まる!畳み掛けるように新キャラの安西ときわも顔出ししてましたし、当分ミュークルドリーミーは衰え知らずで加速し続けていきそうだ。

偶然?必然?安西ときわとの邂逅が物語を更に加速させる!

今回は出番なかったけどことこ先輩が加入し、暫くの間はゆめ、まいら、ことこの三人体制で交友を育み関係性を確固たるものにしていくのかと思っていただけに、四人目のドリーミーメイトとパートナーメイト候補のときわを、これだけ早いタイミングで登場させてくるのは個人的に予想外の流れでもあった。矢継ぎ早に次なる要素を惜しげもなく投入してくる姿勢にただただ圧倒されるのです。

ときわを演じるファイルーズあいさんもダンベルや推し武道とはまたちょっと違う。ボーイッシュさを感じさせるイケボ的な意味でのいい声を当てておられて、ときわの今後の活躍が楽しみ。ミュークルの前枠のプリチャンでは新キャラのアリス・ペペロンチーノを演じているし、日曜朝10時台はファイルーズあいさんが演じる転校生キャラが波乱を巻き起こすアワーになるのかもしれない。

林間学校の中でも描かれるゆめと朝陽の関係性の進展や如何に

今回もかえでにわかばと朝陽が付き合うことになってもと話を振られても今は特別意識してないゆめちゃんだったり、一方でフォークダンスでゆめのことをバリバリ意識している朝陽くんだったり。二人の間の意識の差というか友達関係と男女関係の微妙なニュアンスの違いや求めるものの違いが見て取れて、そのやり取りにヤキモキしつつもニヤニヤさせられてしまったのです。

フォークダンスもゆめと朝陽の直前で音楽が止まって打ち切りみたいなある種のお約束オチにならず、普通に再開して実現して何より。これからも女の子だけでなく男の子にとっても優しいミュークルドリーミーの世界であっておくれ~。